そば打ち

久しぶりにそば打ち教室に参加しました。
そば打ち教室の人気はぐんぐん上がってきたためか、参加者が増えてきました。
そのため、手取り足とりマンツーマンで付き添ってくれるおにーさんがおらず、おぼろげながら打つハメになりました。

参加カードが全部埋まる寸前となるほど通っていますが、天気、気温、湿度などによって微妙に変化するそばは、何が正解なのか未だに分からず、周りをキョロキョロしながらなんとか仕上げていきます。

師匠はゆっくり喋りながら20分で仕上げるのに、粉から切り終えるまでにやはり40分かかっちゃってます。
そば畑は、白い花が咲いてます。
今年は、気象が厳しかった割りにはそばのできはそんなに悪くないそう。
11月の香り高い新そばが今から楽しみです。

 

広告

2018年5月メニュー

今日も夏日でした。
年々、気温の上昇が飛躍的に高くなっているようです。
本格的な夏になったら外を歩けなくなっちゃうかも。
実際、黒っぽいヤツは夏、日の出直後までと日の入り後しばらくしないとアスファルの表面が肉球を焼いてしまうため、お散歩にいけません。
そんな本日は、スパイスをいっぱい使ったカレーとナンを作りました。
えびはコンフィにしてゆっくり加熱したので、これまでにない食感を味わえます。

先日、長野県佐久市の鍼師匠に郷土の食材として、凍み豆腐を教えてもらいました。
ほぼ高野豆腐なんですが、信州の厳しい気候のもとでじっくり作るお豆腐らしいのですが、これを使って万人ウケする肉もどきサラダを考えてみました。
ささみの唐揚げかベルギーのフリットっぽいできあがりなので、お弁当にもおつまみにもいけます。

デザートは、レモンを使った甘ーいケーキです。
いつものごとく、フードプロセッサーで作るケーキで準備時間はかかりません。
たまたま入手したフレッシュのカモミールで煮出したハーブティーとドバイからやってきたBateelの高級デーツで留めです。
なぜか今回はありがたいイスラムのコインを拝みながら(?)の【veggie foodie オリエンタル料理教室】でした。IMG_4400

2018年4月リバイバルメニュー

本日は、昨日に引き続き暑っつーい1日となりました。
都内では25℃を超えてしまい夏日です。
冬から春を飛び越えて一気に夏!
街中では、4月を待たずに満開となった桜がすでに葉を出し、庭先には次々と色とりどりの花が咲き乱れ、春と初夏の花がまとめて巷に出てきてしまいました。

IMG_4241

par la fontaine

今日の【veggie foodie オリエンタル料理教室】は、2017年5月メニューのリクエストにお応えした次第です。
米麹を使ってあっまーい甘酒と塩麹がテーマで、塩麹は1週間の宿題となっています。
麹の力はあっぱれです。
しょっぱ過ぎることなく味付けしてくれて、うまい具合にタンパク質を分解してくれます。
また、今回はたまたまedible flowerを入手できたので、あっちこっちで開花させてみました。

IMG_4240

par la fontaine

Gienのお皿とedible flowerがマッチングしちゃってなんかかわいらしいでしょ?
デザートは、秒殺で準備できるパン粉を使ったクルミのケーキです。
実は、フードプロセッサーで作ってるんです。
そんなミラクルな料理教室です。

IMG_4243

par la fontaine

2018年3月メニュー

巷では、早めに咲いた桜が卒業式にも入学式にも間に合わないまま葉桜になりかけてしまう夏日です。
そんな中での【veggie foodie オリエンタル料理教室:3月】です。
黒っぽいヤツは、部屋に入るとお客さんにかまってもらいたくて大暴れするため(これまでレースのカーディガン、靴の中敷など被害多数・・・ごめんなさい・・・)、ガラス張りのベランダでパンダっぽく観察できる状態にし、本人はいい感じに降り注ぐ日を浴びながらずっと昼寝してました。

IMG_4235

par la fontaine

春休みに突入してしまったので、今週と来週は個人的なご要望をお受けし、オンデマンドで少人数での【veggie foodie オリエンタル料理教室】です。

IMG_4229

par la fontaine

今回は、アジを各自でさばいてパルメザンのパン粉焼きに合う夏日に良さそうなメニューにしてみました。
シチリアのイタリアンをちょっとだけ思い出してもらおうと地中海っぽいメニューでまとめて見ました。

 

2018年2月メニュー

1月の内装工事後の断捨離は、1週間の集中作業を一旦中断し、氷点下の空気の中でしばらく過ごした後、次のフェースに突入中です。
年々、機敏なフットワークに支障が目立ち、何しにここに来たんだっけ?とボケ倒しの断捨離です。
そんな中、今年最初の【veggie foodie オリエンタル料理教室】を開催しました。
今朝は、みぞれのような小雨の中、樹のソムリエstudio@北千束隣に再オープンとなったコインパーキングが朝から「満」で、さらにあまりコインパーキングがないエリアなのに、それでも近隣の4か所が「満」という災難に見舞われ、渋滞と一方通行が炸裂する中を必死こいて奔走しちゃいました。
準備時間に食い込むことととなり、みなさまにはご迷惑をおかけいたしました。

IMG_4140

par la fontaine

今回は、アーモンドがテーマ。
自家製アーモンドミルク、アーモンド豆乳とアーモンドパルプを作り、それらを使ったアンチエイジングメニューとなっています。
今回も軽井沢の新鮮な野菜を調達しました。

IMG_4142

par la fontaine

デザートは、アーモンドパルプを使った利休まんじゅうを作りましたが、あんこは下高井戸たつみやの鯛焼きのつぶあんです。
高級中国茶とともにほっこりしました。
相変わらず食物繊維とミネラルを追求している veggie foodieやってます。

IMG_4143

par la fontaine

【veggie foodie オリエンタル料理教室】2月メニュー

日本海側は、異常な積雪で大変な事態となっています。
そのためつい心配してしまう軽井沢ですが、雪の心配はほぼありません。
たっぷりの雪をため込んだ冷たーい風は、アルプスに当たって北陸を豪雪にし、ぐるっと北軽井沢方面に回り込んでさらに北側を豪雪で苦しめているようです。
しかし、雪が降らないからといって寒冷地を甘くみてはいけません。
マイナス12℃、13℃が毎日続くと、水抜きした水回りをも凍結させちゃいます。
一昨年マイナス16℃になった時は、洗面の蛇口にはめ込まれた網に微妙にあった水滴が凍結して網が歪んだため、水が止まらなくなりましたが、今回はバスルームの化粧台の水栓金具が本体から外れて浮きました。

IMG_4103

par la fontaine

水道屋さんに伺ったところ、今年は頓にひどいことになっているらしく、ちゃんと住んでるマンションのバスルームで、昼間に異常なかったのに夕方には水栓金具が本体から冗談みたいにポーンと飛んでっちゃった事例もあるそう。
油断していると室温が氷点下になっちゃいますからいろんなことが起こります。
ただ、薪ストーブにちょっと火を入れると家中、25℃ぐらいになりますから、寒冷地の家自体は、いろんな工夫が施されています。
黒っぽいヤツは、背中が焦げるくらいくっついて温まります。

IMG_2187

par la fontaine

ということで、今月の【veggie foodie オリエンタル料理教室】のお知らせです。
今回は、アーモンドをめっちゃ使って、自家製アーモンドミルクとそれを使ったメニューで、体を芯から温め、さらに免疫力を上げていきます。
ご予約は、コチラまで。

IMG_4102

par la fontaine

・アーモンド豆乳
・オレンジ色のサラダ
・アーモンド豆乳のエビチャウダー
・クリームバルサミコのフルーツサラダ
・ハーブ入りガーリック・ポテトパン
・アーモンドパルプ入り利休まんじゅう

 

内装工事につき

東京の家は築15年を過ぎ、痛みが目立ちはじめました。
特に壁紙は、10年を過ぎると壁紙クロスのジョイントがぼちぼち剥がれだし、また震災時の揺れで石膏ボードのズレも見えていました。
ということで、空調、防音、防臭、結露効果があり、ロケットや人工衛星の塗料に使われている特殊セラミック塗料を家中の壁、天井に施工してもらいました。
ほぼまっちろけですが、一部ペパーミントグリーンで仕上げてもらいました。

IMG_4079

par la fontaine

群馬1位の技術を誇る左官屋さんには、階段はサントリーニ島の洞窟ような表情を、室内は欅の木の表皮を表現してもらいました。
塗装にあたっては、家具などを壁から離すため、1、2階のものを3階に移動させるしかなく、ほぼ引越しの最終状態のようであったため、必要なもの、欲しいものに到達できず、寝袋での1週間でした。
塗料の臭いを早く飛ばすため、連日の氷点下の中、ずっと窓を開け放し、大型扇風機が日中稼働していたため、積雪を脅かした屋外の方が暖かでした。
黒っぽいヤツは、乾かないペンキに体をこすりつけ、二次災害の懸念からベランダで寝起きしておりました。
現状、すでに乾いた壁には黒っぽいヤツのコートの標本が存在してます。

IMG_4072

par la fontaine

ベルギーから戻って4年、ぼちぼち家の中に「要らんもん」が増えてきた今日この頃。
生まれてからずっと数年おきに引っ越ししている身としては、これは断捨離のいい時期と考えました。
引き出しをひっくり返してたら、お友だちの有名なベルギー人絵本作家 (Anne Herbauts) さんがサラサラっと描いて送ってくれた黒っぽいヤツのイラストが出てきました。
先代の白っぽいヤツは、死んじゃう前にお願いして描いていただいていたので一緒に飾ってみました。
ということで、白っぽいヤツ、黒っぽいヤツの展示物をご覧になりたい方、少人数でのVF Cooking Classご希望の方は、Fontaine城@tokyoでうけたまわります。

 

*ブログ内では1月のVFオリエンタル料理教室の延期につきまして、分かりにくくお知らせしており、皆さまにはご心配をおかけしております。
本日、最終コーティング作業が終了しましたが、連休がらみでしばらく軽井沢に避難します。